読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝ワレバ吉日

ネガティブ旗を掲げて前線へ! 仮想通貨、自己啓発、パラダイムシフトをまれに綴るブログ   

人目を気にする人が、最低限のリスクで考え方を変える方法

パラダイムシフト

f:id:DIYteik:20150929225951j:plain

以前書いた、別のブログの記事を読んでみました。。一人の時間は大事です。

 ひとりの時間を多く持つと、それだけ自分の過去を振り返ることが出来ます。
人と会って違う意見を聞きながら自分の考えを見直したり、整理したりすることも大切なことだけど、もっと大事なことは、ひとりで考える時間を持つことです。

 ひとりで過ごす時間が長いと、考え方が変わるスピードがものすごく早い。その反面、精神的にキツくなることもあります。

 ただ単にひとりの時間を過ごしても大きく変わることはありません。常に考えているから変化も早くなるんです。考え方が変わるということは、みえるモノや感じるモノが常に変化するということなんです。

 

 あなたがどういう経緯でこの記事に行きついたのかはわかりませんが、「自分を変えたい」と思っているのであれば、自分の時間を持ち、考え続けることをやめないでください。

 考え方を変えるには時間が必要だと思ってください。

 

 この記事で言う「最低限のリスク」は、必要以上に自分のことを人に話さず、なるべく自分のチカラで考え方を変えるというモノです。

 いろいろな人に話して自分を追い込むと、変わらなきゃいけないというプレッシャーに押しつぶされてしんどくなることごあります。結果、あきらめてしまうことにもなります。人に話さなければ、勝手に始めて勝手にやめられます。誰にもなにも言われません。

「変わりたい!」と常々言っている方には意味がないかもしれません。向上心とは違いますから。

 

「自分を変える」
 これはどんな人にとっても簡単なことじゃありません。ダイエットや禁煙といっしょです。続ける努力も必要ですし、意志も大事。

 ダイエットや禁煙と違うのは、「気持ち」「考え方」目にみえないモノを変えるという部分。実感なんてほとんど感じられません。

 実感が湧くころになると今度は、漠然とした不安が生まれます。周りがいつもと違ってみえてきます。周りが変わったと感じても、実際は変わっていません。それは自分が変わった証拠なんです。

 

「今までとは違う」
 何気ない会話のなかで、相手違和感をもたれる場合があります。これも変わったっていう紛れもない証拠です。ですが、それに嫌悪感を抱く人がいます。その人が起点となって広がっていくこともあります。止めようとするとせっかく変わった自分を元に戻すことになります。正直、キツい時もあります。けれども、放っておくのが賢い選択だと思います。言わせておけばいいんです。

 逆に、今までより親密になる友人もいます。そういう人たちは今後の自分にとって重要な役割を担うことになるかもしれません。あくまで「かもしれない」という話です。

大切にどちらにせよ、自分が変わると自分を取り巻く環境も変わるということです。

 

 

 自分を変えたいとは思っているけど、そこまでの危機感を持っていないという方、危機感がないのは向上心です。

 偉そうに書いてると感じた方は、今さらですけど読まなくてよかった記事だったかもしれません。もうすでに、自分自身の考え方をしっかり持っている方です。

 ただ、否定的な感情には瞬発力があります。イライラに任せて何かをするとあまりいい結果にはならないと思うので気を付けてください。 

 

 最低限のリスクで考え方を変える方法は、自分がどう思うかで生きている方にはつまらない話。人目を気にする人、流されやすい人が変わる方法のひとつです。

 


 今すぐに出来ることがあります。一日一行でもいいので、自分の気持ちや考えを素直に書き残してみてください。素直にです。ウソや背伸びはNGですよ。
 これは、誰にでも出来る方法です。昨日のこと、2日前のことでも、過去を振り返れば気付くこともあります。

 日々の記録はあとから読み返すためであったり、気持ちや考えを整理するために役立ちますから。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ではではでは。

広告を非表示にする